2017年03月31日

岡南大橋とラーメン

おかやまマラソン2016当日編 その10




サブ5を完全に諦めましたが、"歩かず""怪我せず""楽しんで"完走、に向けて諦めず走り続けます。



そしてついに"岡南大橋"です。


"こうなんおおはし"と読みます。


岡山出身の自分ですが、馴染みのない橋でした。


しかし、おかやまマラソンに参加した多くのランナーには難所として知られる橋の名前だと思います。


特に

・高低差17m

・およそ30km地点にある


この2点にインパクトがある様です。


おかやまマラソン2016のコースはこの岡南大橋を渡ります。


しかし、前回(おかやまマラソン2015)参加したランナーのブログで『高低差17mはあまり問題ではない』という旨の内容を読んでいたのであまり心配していなかったのですが、30kmの壁と同時に襲ってくるので油断禁物。


実際、岡南大橋の手前(25km~30km地点)で疲労のためペースが落ちている程なので、自分には負担大でした。しかしこころの準備が出来ていたので思っていた程の負担ではありませんでした。



そして、なんとか大きなハードル(30km地点の岡南大橋)を終えると"ご褒美"が待っていました。


この"ご褒美"もおかやまマラソン参加ランナーの多くに知られるラーメン給食です。



岡南大橋の下が給水・給食ポイントになっており、そこでラーメン給食が提供されていました。


かなりの人数が並んでおり、並ぶのに少し躊躇するかもしれません。実際、自分の前に並んだランナーは並んだ直後に気変わりしたらしく、直ぐにラーメン給食の列から外れてマラソンコースに戻ってしまいました。



自分は、目標の1つでもある"楽しんで"を優先させる事に決めていたので迷わずラーメンの列に並びました。


おそらく15分くらい並んだと思います。


足(と気持ち)が止まらない様に並んでいる間足を動かしていました。



ラーメンといっても一杯まるごと提供されるわけではありませんが、5店舗(5種類)あるうちの"小豆島ラーメン"の醤油ラーメンをスープまで美味しく頂きました。


自分にとってはまさに"30kmをクリアした"そして"岡南大橋をクリアした"ご褒美でした。



スープを全部飲んだ事もあって喉が渇きました。ここの給水・給食ポイントで水を多めに飲みました。


お腹タプンタプン状態で"新鶴見橋"まで長く続く(およそ10km)旭川(あさひがわ)沿いを走り始めます。



※岡南大橋

Wikipediaで調べてみると完成して使用開始されたのが1992年。その時自分は既に県外で生活していました。当時有料(例えば、普通車は200円)だった様で無料解放されたのは2006年。使用開始されておよそ25年後、無料解放されておよそ10年後におかやまマラソンのコースになったということになります。


  • 20170331183725941.jpg


最後までお読み頂き感謝致します。

よろしければ応援して頂けると、

モチベーションがUPします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

posted by ぽっちゃりランナー at 18:41| Comment(0) | おかやまマラソン2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする